>

> タリーズコーヒー店舗、および伊藤園の自動販売機の一部が「ポケモンGO」のポケストップ&ジムに!


ポケモンGO、伊藤園、タリーズこらぼ伊藤園の一部自動販売機(約1800台)と、コーヒ店チェーン「タリーズコーヒー」の約200店舗が、ポケモンGOの「ポケストップ」や「ジム」としてゲーム内に登場しました。

対象となるタリーズコーヒー店舗は、特設サイト「TULLY’S COFFEE × Pokemon GO」にて公開されています。

伊藤園の自動販売機は「災害対応自販機および社会貢献につながる自販機の一部」のみが対象で、具体的な場所については”ゲーム内でご確認ください”とのことです。

ポケモンGO、伊藤園、タリーズこらぼ

株式会社伊藤園(代表取締役社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)、Niantic, Inc.(CEO:ジョン・ハンケ 本社:米国カリフォルニア州)、株式会社ポケモン(代表取締役社長:石原恒和 本社:東京都港区)は、この度、iOS/Android のモバイル端末向けの位置情報ゲームアプリ『Pokemon GO(ポケモン ゴー)』におけるパートナーシップ契約を締結しました。これにより、2月10日(金)から一部の当社自動販売機とタリーズコーヒー店舗の合計2,000ヵ所以上が新たに『Pokemon GO』の「ポケストップ」や「ジム」としてゲーム内に登場します。

『Pokemon GO』には、ポケモンを捕まえるのに必要な道具などが入手できる「ポケストップ」や、他のプレイヤーのポケモンと戦う「ジム」が、現実世界の名所旧跡や有名なモニュメントなどに設定されています。この度のパートナーシップ契約締結により、全国の当社災害対応自動販売機(※2)および社会貢献につながる自動販売機約1,800台と、タリーズコーヒーの約200店舗が「ポケストップ」または「ジム」となります。今後、対象となる当社自動販売機やタリーズコーヒー店舗をさらに増やすとともに、伊藤園とタリーズコーヒーならではのコラボレーションキャンペーンや魅力あるサービスの提供を検討し、地域社会に根付いた新たなビジネスモデルに取り組んでまいります。

伊藤園の自動販売機

伊藤園が所有する災害対応自販機※および社会貢献につながる自販機の一部が「ポケストップ」や「ジム」としてゲーム内に登場します。
(全ての自販機が対象ではございません。対象自販機はゲーム内でご確認ください。)

※風水害・地震などによる大規模災害が発生し、停電となった際に、支援物資として飲料の提供が可能な自動販売機

伊藤園の自販機が“ポケストップ”や“ジム”として 『ポケモン GO』内に登場 | 伊藤園 ×『ポケモン GO』

その他関連URL

プレスリリース(2017/2/10) |プレスリリース |会社情報 |TULLY’S COFFEE

伊藤園自動販売機、およびタリーズコーヒー店舗の一部が『Pokemon GO』の「ポケストップ」「ジム」に! | ニュースリリース | 伊藤園


コメントする